姉が現在のアパートから実家であ

姉が現在のアパートから実家である我が家に住まいを移すことになりました。移り住むため、私と母が、引越の前日に引越のための作業の手伝いに行きました。10年も住んでいた部屋だからこそ、不用品の数がめっそうもない事になっていました。
不用品を買ってもらってしまうと、軽トラの荷台にまだ倍は積めるほどになり、思ったよりも楽に引越できました。引越しの当日にやることは2つあります。
まずは、出ていく部屋では荷物を運搬後に管理会社の立会いで部屋のありさまを点検することです。ここでひどい汚れや傷の点検をしますが、この調査が敷金でのカバーや別途クリーニング費用の請求に左右します。新しい家ではガスの元栓を開けることが大切です。
これは業者の立ち合いが絶対にいるのです。引越しの時に行うガスの解約は、退去する日よりうんと前から申告できるので、迅速にネット等から申し入れしておく方がいいですね。
ただ、転居当日い立ち会いが必須になる場合があるので、時間の選び方に注視するようにしてください。
引っ越しをした時に、行う手続きの一つに、転出届を届け出ることがあります。
ただ、これは今の住所と新住所が違う市長村の場合となります。同じ場合は、転居届の申請が必要です。
届け出るタイミングは、引っ越しの2週間前とか引っ越し先が決定後すぐなど、市町村によって違いがありますので、早めに調べておきましょう。引越し業者の指示があると思いますが、引越しの前日には、冷蔵庫の電源は抜いておいたほうがベターです。
その理由は、冷凍庫に付いた霜を溶かし、溜まってきた水を取り除くことが前もってできるからです。あらかじめこの処理をしておくことで、移動させているあいだに、他の荷物に水が掛かってしまうことを防ぐというメリットがあります。
住む家を変えると、電話番号が変更になる可能性が無きにしも非ずです。
同じ市区町村内の引越しの場合でも、収容局が変更になると、使用していた電話番号が使用不可能になるでしょう。
電話番号が変わったというアナウンスを流してもらえますが、新住所に付け加えて、新しい電話番号も報告しておいた方がいいです。
引越しを行うときに業者に頼まず自分たちだけで行う場合があるでしょう。
特に、近場の引越しの場合だとトラックなどを借りずに荷物を運んでいくことはできるでしょうが、台車があった方が良いです。
家の中を移動する時には想像しにくいかもしれませんが、ほんの小さな家具などでも意外と重く感じるものなのです。
引越しばかりに限らず、仕事をやれる方は、段取りを組むのが、上手だと言われます。
引っ越し、する場合、どの順に積むかどれをどのあたりに、収納するか等、意外に頭を使うのです。そのため、引越し業者のスムーズな作業に感心した経験のある人も多いと思われます。
家族みんなで今春に引っ越しを経験したのでした。
元々の家の建て替え工事を行うために近所にあった一軒家へと引っ越しをしたのでした。荷物の移動は友人に手伝ってもらったので、引っ越し費用に関してはかかりませんでした。
ですが一つとても大変だったのは、私が幼い頃から使っていたピアノがかなり重く、運ぶのが大変だったことです。
引越しの前日にしなければいけないこととして忘れないようにするのは、冷蔵庫から水を抜くことです。
水の抜き方が分からない人は何はともあれ冷蔵庫のコンセントを抜いておくことです。
言うまでもなく、中身は取り出してください。そうしなければ、当日冷蔵庫が動かせない可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です